こんにちは。

先日、竹芝のニューピアホールで行われたベストボディジャパン2017東京大会に出場してきました。

私はフレッシャーズクラスでの出場でした。

結果は見事に予選敗退でしたが、大会に出ることによって、トレーニングをする者として非常に良い経験になりました。

 

これまで大会出場までのトレーニングや食事を載せてきましたが、
せっかくなのでこの記事では出場を決めてから大会当日までに私がやったことをざっくりとまとめて載せていきたいと思います。


ベストボディジャパンエントリーに至るまで

今年は大会に関係なく、何となくレベルアップのために増量→減量をやろうと思っていた

私はウエイトトレーニングを初めてかれこれ3年程経ちますが、これまで特に体重を増やそうだとか減らそうという意識はありませんでした。

 

しかしそれではなかなか身体が変わらず、マンネリしてきたような気がしてたので、今年は思い切って増量し、そこから身体を絞ろうと思っていました。

 

実際に今年の3月時点では、
体重72kg 体脂肪率10〜11%でしたが、

 

食事を多くして摂取カロリーを増やし、5月の中旬頃には、
体重78kg 体脂肪率12〜13%まで増えました。

 

ここから少しずつ食事を減らして体重を落とし始めます。

 

6月中旬、どうせ減量するなら真剣にやって大会に出たいと思う様に

食事を減らし始めたらすぐに体重が落ちてきました。
トレーニングの量は特に変えず、仕事終わりに週2〜3回ジムに行っておりました。

 

そんな時にふと、「体重も落ち始めてきたし、せっかくなら大会にエントリーして自分の中の最高の身体を作りたい」と思いました。

 

思い立ったが吉日だと信じ、そのままベストボディジャパンのホームページでエントリーをすませました。

 

送ったのはこの写真です。

(体重75kg 体脂肪率11%程)

絞りが全然ないですね。笑

出ると決めたら減量に取り組む意識が変わった

数日後、ベストボディジャパンの事務局からメールが来ました。

まさかの写真選考通過です。
この時は嬉しさもありましたが、それ以上に「もう出るしかないな」と腹を決めたのを覚えてます。

 

それからは曖昧だったカロリー計算やPFCバランスも、アプリで記録して管理するようになりました。

やはり気持ちを固めるのは大事ですね。
しっかり数字で管理することで、理想の身体に近づいてるなという感覚が出てきました。

 

減量される方は必ずカロリー計算する事をお勧めします。

エントリーから大会当日までにやったこと

エントリーをしてから大会当日まで具体的にトレーニングや食事以外でやったことは下記の通りです。

ポージングセミナーへの参加

こちらはベストボディジャパンが主催しているポージングセミナーです。

過去大会で優勝した方が講師として来てくれました。

参加費は6,480円です。

規定ポーズのやり方(ベストボディジャパンには、全員が行う4つの規定ポーズがあります)、歩き方、立ち振る舞いなど様々なポイントを教えてもらえます。

 

決して安い金額ではありませんが、
減点されてしまうポーズの注意点など細かい部分を教えて貰えるので、
初出場の方は必ず参加するべきだと思います。

 

セミナー概要はこちら

 

自宅でのポージング練習

セミナー参加後は、自宅で何度もポーズの練習を行います。

セミナーと言えど2時間程度なので、ここだけで完璧なポーズは覚えられません。

しっかり大会まで準備する事が大事です。

規定ポーズ以外にも参加者全員がフリーポーズを行うので、どんなポージングにするのかを自分で考えて練習します。

大会当日 パンプアップ

大会当日は午後からコンテスト開始だったので、番号が呼ばれる1時間前程から出場者はパンプアップをはじめてました。

参加者数が非常に多く、狭いスペースの中で行うのでただならぬ熱気です。

 

私もしっかりパンプアップを行いました。
大会前に買ったチューブがとても役に立ちました。

減量中の食事

減量開始〜大会1週間前

減量開始から大会の1週間前までは基本的に低脂質、高タンパクの食事を心がけます。
たんぱく質は最低でも体重×2gを摂取します。

カロリーは必ず、

消費カロリー〉摂取カロリー

となるようにします。
これはカロリー計算を行わないと分かりません。

私が使っていたのはfitbitというスマートウォッチのアプリです。

スマートウォッチで消費カロリーを計算し、

アプリで食事を管理します。

私は大体1,800kcal〜2,100kcalを摂取していました。
この食事を月〜金と日曜に行います。

 

土曜日は1週間に一度のチートデイです。
ローカロリーが続いて省エネモードになった身体を、カロリー消費しやすい状態に戻すためたくさん食事を摂取します。

 

この日は大体4,200kcal程摂取してました。
ラーメンにハンバーガーなど普段食べれない食事を食べれる幸せな日です。笑

 

大会1週間前〜当日

1週間前からはカーボディプリート、カーボローディングを行いました。

これも初めての経験だったのでキツかったですが、楽しみながらやりました。

 

カーボディプリート(月〜木)
具体的には炭水化物の量をかなり減らします。
今まで150g程摂っていた炭水化物ですが、20〜30g程に減らしました。

トレーニングは全身の種目を行い、筋肉中のグリコーゲンを枯渇させます。

これを月曜から木曜まで4日間行いました。
4日目はさすがにキツくてトレーニング中はふらふらしてました。笑

 

カーボローディング(金、土)
金、土はカーボローディングです。
トレーニングは辞め、今度はとにかく炭水化物を食べまくります。

私はバナナ、大福、おにぎりをたくさん食べました。

炭水化物は1日550g程摂取しました。

これによって、萎んでいた身体が少し大きくなった様に感じました。

 

しかし若干脂肪も増えた気がしたので、
これをやるのは本当に絞れてる状態でやった方が良いんだなぁと感じました。

 

私は絞りが甘かったので、本来であればこの1週間はディプリート、ローディングではなく減量食を継続するべきでした。

 

当日は引き続き炭水化物を中心にちょこちょこバナナと大福を食べてました。

今後について

大会は予選敗退に終わりましたが、
この大会までの準備をしっかり経験できたことは非常に大きく、プラスになりました。

 

今回の減量はピークだった5月中旬から大会直前までの期間で、

体重78kg 体脂肪率 12〜13%

体重71.3kg 体脂肪率 8.4%

に落とすことができました。

 

しかし実際やってみてまだまだ食事やトレーニングで徹底できてない部分が多くあったので、今後の改善に繋げていきたいと思います。

 

改めて私はトレーニングが好きなんだなと実感する事ができた大会でした。

 

絞りを完璧にするのが大会までには間に合いませんでしたが、今年はもう少しこのまま減量を続け、経過を見ていきたいと思います。

 

今年中に必ず絞り切る成功体験を作り、来年の大会では身体を最高の状態にして優勝します。

 

大会写真と、大会後に家で撮った写真

と、現在の身体の状態

 

よし、明日からも頑張ろう!


 

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー◆

松戸駅東口徒歩1分の場所でパーソナルジムを運営しています。
あなたの身体のお悩み解説させて頂きます!

◆本気で変わりたい方へ!パーソナルトレーニングはこちらから↓
https://il-fitness.com/il-fit-personal-trainig/

◆プライベートジムイルフィット
https://il-fit.com

◆初心者向け電子書籍
『~理想の身体になるための~ ボディメイクの教科書』

◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC1kA8pFe8_yA8dK0B0XdFuQ?view_as=subscriber

◆Instagram
https://www.instagram.com/yuya_toyoda_

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー◆