こんにちは

本記事では筋トレをいざ始めようと思った際に、
どの部位から鍛えるべきかを書いていきたいと思います。

  • 頑張ってトレーニングをしているのに効果が出ない…
  • モチベーションが続かない…

こんな風な悩みお持っている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、少しやり方を変えてみましょう。

 

結論から言うと、身体を変えるためには「大きい筋肉」を鍛えるのが最も良い方法です。

なぜ大きい筋肉から鍛えるべきなのか

なぜ大きい筋肉を鍛えるべきなのか。
それにはこんな理由があるのです。

理由①効率が良い

前の記事でも書きましたが筋肉を鍛えると基礎代謝が上がり、消費カロリーが大きくなります。
しかしここで、身体に締める割合の小さい筋肉をちまちまと鍛えても、
消費カロリーにそこまでインパクトを与えるのは難しく、遠回りです。

そこで、まずは身体の中でも特に締める割合の大きい筋肉を鍛えて、
最短で基礎代謝をあげて消費カロリーを大きくしていくことが大切です。

加えて、大きい筋肉を鍛える動作では同時に小さい筋肉も動員するため、これらも同時に鍛えることができます。
(例)大胸筋を鍛えるベンチプレスは同時に三角筋、上腕三頭筋も鍛えることができる。

小さい筋肉だけを鍛える種目を行うより、とっても効率が良いですよね。

理由②変化がわかりやすい

筋トレをする目的は、痩せることはもちろんのこと、
モデルのように引き締まってて、出るところは出ている、メリハリのある身体を目指すためでもあると思います。

大きい筋肉を鍛えると、小さい筋肉を鍛えた時よりも
相対的に変化がわかりやすいため、モチベーションに繋がります。

筋トレやダイエットが続かない理由としては、
日々の変化が見えない状態で「これだけ頑張ってるのに効果が出ないじゃないか」と、やる意味を感じなくなってしまう事があげられると思います。

 

その点から見ても、大きい筋肉からまず鍛えて身体の変化を早く実感し、モチベーションの維持につなげることが大切です。

男性の場合、大胸筋を鍛えると1、2ヶ月で胸板が広がることを実感できるでしょう。
女性の場合も背筋が良くなったり、ヒップが上がるなど、大きい筋肉を鍛える効果は見た目に絶大な効果があります。

 

以上の理由から、
「筋トレをする場合はまず大きい筋肉から」鍛えることが重要です。

効率良く身体を変えていきましょう!!