筋トレでなりたい理想の身体になりましょう!

痩せて美しい身体を作るのには筋肉が欠かせませんが、

筋肉を付けるためには、身体に「筋肉が必要」という信号を送らなければなりません。

そのために筋トレが必要なのです。

今回はこの部分を解説していきたいと思います。

痩せるためには筋肉が必要

ただの食事制限では、一時的に体重は落ちるが痩せにくい身体ができてしまう

 

ダイエットを行って身体の脂肪を落とすには

消費カロリー 〉 摂取カロリー

とならなければなりません。

食べたカロリーより消費したカロリーが上回れば体重は落ちます。

しかしこの時筋トレを行わず、ただカロリーを制限するだけだと、脂肪も落ちますが同時に筋肉も落ちてしまいます。

筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が落ちます。

人間の身体には

  • 基礎代謝
  • 生活活動代謝
  • DIT(食事誘導生体熱産生)※食べたものを消化する際の代謝のこと

の3つの代謝があります。

■基礎代謝

呼吸をしたり体温を維持したり、生命活動を維持していくために必要なエネルギー消費のこと。

何もせずじっとしていても、寝ていても24時間休まずカロリーを消費する。

 

■生活活動代謝

日常生活で動いたり運動をしたり、身体を動かすときに使われるエネルギー代謝。

ランニングをしたりスポーツをしたりする際の消費カロリーがこれにあたる

 

■DIT(食事誘発性熱産生)

食べたものを消化するために、消化器官の活動が活発になり体温が上昇する反応のこと。

たんぱく質を摂取した際に最も活発になる。

 

このうち基礎代謝は、消費カロリーの約7割を締めていると言われています。

 

つまり基礎代謝が下がるということは、

カロリーを消費しにくく太りやすい身体になってしまうということなのです。

 

ダイエットをする場合、一日の消費カロリーが2,000kcalの人と2,500kcalの人とでは
同じ食事をしてても減らせるカロリーに500kcalの差が出てきます。

基礎代謝を上げて消費カロリーを増やすことで、痩せやすい身体が作られるのです。

 

筋肉がないと美しい身体にはなれない

ダイエットの目的は「体重を減らす」ことよりも「美しい身体になりたい」ことだと思います。

どうしても体重に目が行きがちですが、体重を減らすのはあくまで美しい身体になるための手段です。しかしこの時、体重を減らすことだけに捉われてしまうと危険です。

美しい身体とは、筋肉がしっかりと付き脂肪が少ない状態で作られます。

同じ1㎏でも、筋肉と脂肪では体積に大きな差があります(脂肪の方が大きい)。

同じ体重でも体脂肪率が違うと、見比べた時に驚くような差があります。

 

つまり体重が減っても、減った分のほとんどが筋肉では意味がないのです。

筋トレをしながらなるべく筋肉量を維持し、食事制限で脂肪を減らしていくのが本当のダイエットです。

「〇〇だけを食べて簡単に痩せるダイエット」といったような断片的な情報に惑わされてはいけません。

それで体重が減ったとしても、ほとんどの場合減っているのは筋肉です。これでは通常の食事に戻した時にリバウンドしやすい身体になってしまいます。

 

この様な理由から、食事制限と筋トレを並行して行う事が大事なのです。

正しくダイエットを行って理想の身体に近付いていきましょう!!

 



◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー◆

松戸駅東口徒歩1分の場所でパーソナルジムを運営しています。
あなたの身体のお悩み解説させて頂きます!

◆本気で変わりたい方へ!パーソナルトレーニングはこちらから↓
https://il-fitness.com/il-fit-personal-trainig/

◆プライベートジムイルフィット
https://il-fit.com

◆初心者向け電子書籍
『~理想の身体になるための~ ボディメイクの教科書』

◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC1kA8pFe8_yA8dK0B0XdFuQ?view_as=subscriber

◆Instagram
https://www.instagram.com/yuya_toyoda_

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー◆